HOME > 製品案内 > その他(マスク・手袋等)

アスルク®縫合糸ホルダー

吻合や胆管空腸吻合等における結節縫合の縫合糸を、効率よく整理することを目的とした新アイテム

従来の縫合糸ガイドとは異なり、発泡ポリエチレンのスポンジ素材を用いることで、柔軟性・機能性に富み、さまざまなシチュエーションでの吻合に役立ちます。
術者・助手のストレスを減らすだけでなく、機器介助看護師の負担軽減にも役立ちます。

本製品は東北大学病院 肝胆膵外科との共同開発により、円弧型縫合糸整理器 = An arc type suture thread rearranging containerの頭文字 A・S・R・Cより、アスルク(東北大式)とネーミングしました。

主な機能と用途・利点
特徴1

適度なテンションで縫合糸を保持します

従来のモスキート鉗子等での縫合糸把持時による過度な負荷が生じた場合の組織損傷を防ぐことができます。

特徴2

吻合時における縫合糸の位置決め・整理が容易になります

胆管-空腸吻合用(大)は、全周にスリットを設けていることにより、どの位置でも糸が絡まずに縫合糸を整理することができます。
膵管-空腸吻合用(小)は、糸をひとまとめに整理し移動、位置の微調整を行うことができます。

特徴3

糸が絡まず吻合操作・補助が容易になります

素材を発泡スポンジにしていることにより、様々な形状の開創部にもフレキシブルにフィットします。
スリットに縫合糸を挟み込むことにより、多数のモスキート鉗子等を使用することなく糸を整理・保持できます。
※本品のみで縫合糸等の保持を行う場合は、保持具合を確認し使用上問題のないことを確認してからご使用ください。


アスルク®の使用例 (膵頭十二指腸切除術)
セッティング
胆管空腸吻合

開創部に合せて鉗子等で固定します。

スリットに吻合用縫合糸を差し込みます。

複数の糸が簡易に保持・整理できます。

膵管空腸吻合

膵管-空腸吻合の準備・糸整理を行います。

保持・整理したまま、まとめて移動できます。

吻合操作に最適な位置へ自由に調整できます。

ご使用に際しては、添付文書、取扱説明書をご確認下さい。

警告・禁忌禁止事項

禁忌・禁止 ・再使用・再滅菌禁止
使用上の注意 ・本品は、縫合糸等の吻合・縫合時による縫合糸等の整理、補助用途に使用するものです。縫合糸等の保持は、通常、鉗子等を用いて行ってください。本品のみで縫合糸等の保持を行う場合は、保持具合を確認し使用上問題のないことを確認してからご使用ください。
・本品を体腔内で使用しないでください。切断断片等が体腔内に進入する可能性があります。
N95マスク
医療機関向けN95マスクの取扱いがございます

N95とは、1995年に米国国立労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めた
レスピレーター型マスクのフィルター規格(42CFR84)の一つです。
結核、SARS、インフルエンザなど重度な感染症対策用として推奨いたします。
また、Nは耐油性がない(Not resistant to oil)という意味であり、
N95マスクは評価条件がサージカルマスクよりも厳しく、
ろ過効率についても性能が高い製品です。

製品記号 単価・販売単位
HPR-R 5,100円
1箱(50枚入)
HPR-S

新型インフルエンザ

新型インフルエンザとは、人類のほとんどが免疫を持っていないために、容易に感染するものであり、世界的な大流行(パンデミック)が引き起こされ、大きな健康被害とこれに伴う社会的影響が懸念されるものです。政府は、新型インフルエンザの発生に備えた行動計画を定め、同計画に基づいた準備を進めています。新型インフルエンザ発生時には、感染の広がりを抑え、被害をできる限り小さくするために、国や自治体における対策として医療施設での個人防護具(N95含む)の備蓄を推奨しています。(厚生労働省ホームページより)
※下表:NIOSHの防塵マスクグレード


アメリカの規格 日本の規格 試験粉塵
試験流量
NIOSH ろ過率 ディスポ 取替え式 ろ過率
N95 95%以上 DS2 RS2 95.0%以上 NaCl
85L/分
N99 99%以上 - - -
N100 99.97%以上 DS3 RS3 99.9%以上
R95 95%以上 - - - フタル酸ジオクチル
85L/min
R99 99%以上 - - -
R100 99.97%以上 - - -
P95 95%以上 DL2 RL2 95.0%以上 フタル酸ジオクチル
85L/min
P99 99%以上 - - -
P100 99.97%以上 DL3 RL3 99.9%以上

モヨエヨモヨエオトサーヘコテヒャ/freeミヤナキテタ稀クセ/ムヌヨ゙ラヤヘオラヤヘオヘシニャ/ホ袂ツカ。マ耜ヌヨ゙ラロコマノォ